スポンサーサイト 

--, --. -- (--) --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ポテトにアタックされた日 

2016, 06. 09 (Thu) 22:48

こんにちは(^o^)丿相変わらずバッタバタに忙しいH垣っすorz
貧乏ヒマなし、母にもヒマなし(遠い目)
なんかこの頃自分だけタイムスリップしてるんじゃないかと思うほど、月日の流れるのが早いです。
気がつけばもう6月っすよ(@_@;)来月はもう夏休み突入っすよ(;O;)
なんかこの勢いで年をとると、気がついたらすぐ70歳位になりそうですね(大げさ)

さてさて我が家の男子たちはいずれもアレルギー持ちなんですが、
中でもかず君の小麦アレルギーはちょっとシャレならんレベルでして、
我が家には緊急用としてエピペンを用意してあります。
エピペンってご存じない方もいらっしゃると思いますが、
要はアナフィラキシーを起こした際、呼吸困難を防ぐために緊急に注射するアドレナリンのことです。
小学校入学を機に、学校と自宅に1本ずつ置くことにしたのですが、
つい先日、ついにこのエピペンを使うはめになってしまいました((((;゚Д゚))))
なんとまさかのポテトにアタックされたのです_| ̄|○ il||li

フライドポテトといえば、普通はじゃがいもを細く切って揚げてあるだけのシンプルな料理。
我が家のアレルギーボーイズが、外食時に安心して食べられる数少ないメニューです。
この日は珍しく某回転寿司に行って夕食だったのですが、
特にアレルギー表示もなかったし、安心しきってポテトを注文。ほとんど子どもたちに食べさせました。
私も端っこの方をちょっとだけつまんだのですが、カリッとよく揚がって美味しいな〜くらいに思っていたんです。
ところがどうやらこのカリッが曲者でした。後で調べてわかったのですが、どうやら小麦粉をまぶしていたようです。

そんなこととはつゆ知らず、普通に食事を終えて帰る車の中、かず君の具合がどんどん悪くなってきました。
喉がイガイガする〜と言い出した後、みるみる状況が悪化。どんどん痛みが増して泣き叫びだしたのです。
しかし運悪くエピペンは自宅。後10分程度で家に帰り着く位でしたが間に合うかどうか。
飲み物も何もない状態でしたが、手持ちの薬を粉のまま口に放り込み、
時間外だったので夜間診療の病院へ電話。ところがまさかの受け入れ拒否。
今日の担当は奈良市民病院だからそちらへ行けの一点張り。
でもそこは遠く離れた反対方向。しかもいま来た道を引き返す位置にありました。
夕方なのでそっち方向は大渋滞。そんなん絶対無理。
だったら救急車を呼ぶよう言われたんですが、今は車の中やっちゅーねん(怒)
グズグズ押し問答しているより帰ってエピペン打ったほうが早いと判断し、
車かっ飛ばして帰宅、すぐさまダッシュしてエピペンひっつかんで戻り、その場で打ちました。
その後救急車を呼んだんですが、エピペンのおかげで一応危機は脱出。
さっきまで痛みでパニック状態だったかず君も落ち着いてきたし、
今から担当の病院へ搬送しても、その後がたいへんなので、
救急隊の人と相談の上、とりあえず自宅で様子を見ることにしました。
その後かず君は高熱がでて体が痒くなりましたが、それ以上の大事には至りませんでした。
何はともあれほっといたしましたorz

それにしても…
アレルギー表示も出さずに小麦粉まぶしたポテト売ってる「く◯寿司」も許せんが、
アナフィラキシーに即座に対応できない医療体制の奈良県も許せん(‐_‐)
エピペンの処方にはかなり厳しい制限があって、お値段も保険適応なのに結構お高いのですが、
やはりうちには必要だなと思いました。なかったら今頃どうなっていたか(遠い目)
しかもお医者は「泣き叫べたらエピペン打つほどではない」などと冷たい事言うんですが、
ほなあんさん、もしこれが自分の子供の話だったら、目の前で苦しがって泣き叫んでるのに
「まだ息止まってないから」などと冷酷に観察できるんですかっつーの(怒)
エピペンの副作用は確かにあると思うけど、
私は実際使用した身として、やはりこういう場合は「迷ったら打て」だと思います。
なんだか本人が一番大変だったとは思うけど。ワシもめっさ疲れたわ…
とりあえず「く◯寿司」にはもう行くのやめようと思います(‐_‐)


- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。