スポンサーサイト 

--, --. -- (--) --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

巨匠再び 

2015, 03. 09 (Mon) 23:59

早いもんでもう3月ですよ(遠い目)
来週はかず君の卒園式。ついこの間入園したと思ったらもう卒園。
月日のあまりの早さにめまいがしますが、
2年前に買った時は余裕のあったママスーツが、今や見事にパッツパツorz…
くそう…小学校卒業くらいまでは持たそうと思って買ったのに(;O;)
かろうじてスカートが入ったので、意地でも着て乗り切ろうと思います(涙)

さてさて、卒園前のバタバタの中、やっぱりおかーちゃんはドラマ漬けの日々です。
一度見終わったシンイですが、なぜかじわじわハマってしまって、現在2度めの視聴中です。
トキメキ☆成均館スキャンダルが、後ろからガツンと殴られるようにハマったのに対し、
シンイはじわじわ底なし沼にはまっていく感じでやっぱり廃人状態です(笑)
このままだとまたDVD買ってしまいそうで怖い…いや、買うな、きっと(爆)
だってネット視聴は画像荒いし、いつ消されるかわかんないし(涙)
ちなみにこの数カ月で見たドラマのほとんどがタイムスリップ物でした。
(てゆーか、あえてそのテーマばかり選んで比較して見てたんですけどね)
「シンイ」もそうですが、「屋根部屋のプリンス」「イニョン王妃の男」
日本のドラマでは「信長協奏曲」「仁ーJIN」など、この数年にタイムスリップものがワンサカ描かれていたんですね。(一応全部見た)

さてさて、前置きが長くなりましたが…(前置きやったんかい)
やはり元祖タイムスリップものといえば「浦島太郎」ですよね(^^)
この前の夜寝る前に、かず君がなんと、「浦島太郎」のお話をそらで話してくれました。
肝心の玉手箱をもらうシーンが抜けてはいましたが(肝心すぎる)それ以外は完璧に筋書き通り話してくれました。
ちなみに私はあまり絵本の読み聞かせはしていないのですが(ダメ母)
彼はビデオを数回見ただけで覚えてしまったようです。恐るべしかず君。
そんな兄に触発されたのか、我らがストーリーテラーよし君も負けじと話しだしました。
以下はよし君版「浦島太郎」です。

むかしむかし、カメがいました。
(え?主人公はカメ?)
カメはギャーッって言って、海に走って行きました。
(ギャーってなんやねん。走るってどうすんねん)
うらしまたろうがりゅうぐうじょうに行きました。
(え?いきなり?浦島太郎とカメの接点は?カメは何しに出てきたの?)
そしてみんなと楽しく遊びました。
(だからカメ無しでどうやって龍宮城へ?みんなって誰?)
そしてお母さんの家に帰って行きました。
(お母さんの家って…普通に帰宅?玉手箱は?)
おしまい。

(@_@;)

よし君版浦島太郎は、
何故か叫びながら海へ走って行くカメを横目に、
浦島太郎くんがいきなり竜宮城へ遊びに行き、
普通に帰宅するだけの話なんですね。

ただの作文やん^^;

いやはや、よし巨匠の作品はいつもアメージングですな(爆)
巨匠の傑作はこれからも拝めるのでしょうか…乞うご期待(笑)

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。