スポンサーサイト 

--, --. -- (--) --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そして廃人の日々 

2014, 12. 23 (Tue) 23:44

急激な寒波の到来に光熱費がうなぎ登る今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか?
ワタクシことH垣は、この年末のクソ忙しい時に、坂道を転がり落ちるような廃人の日々を送っております。
一体何にそんなにハマってしまったというのでしょう…
ここ数回の流れから大体の想像はつきますでしょうが、韓ドラです(爆)
中でも「トキメキ☆成均館スキャンダル」にズッポリ首まで浸かってしまい、もはや完全に廃人です。
(韓国で本放送が放映された時、同じようにハマってしまう人が続出し、「成均館廃人」と呼ばれていたそうです。)
元々「イ・サン」にどハマりし、見終わってしまう寂しさからついつい同時代を描いたこの作品にたどり着きました。
タイトルが軽すぎるので、最初はちょっと抵抗あったのですが、見始めるとあまりの面白さにズッポリはまり込んでしまいました。
このお話はイ・サンこと朝鮮王朝22代の王正祖の時代に、女子禁制の最高学府「成均館(ソンギュンガン)」に男装して入学することになった主人公を中心に繰り広げられる、実に瑞々しい青春群像劇です。
しかも時代劇としてもしっかりした設定で、内容もわりと硬派な問題を扱っていたりして、なかなか侮れません。
そして何よりもワタクシ、イイ歳をしてずっと胸キュンしっぱなしでございました。ええ、看板に偽り無しのトキメキの嵐です(笑)
まさかアラフォーからアラフィフへと向かう人生の曲がり角において、自分がこんなに胸キュンのトキメキに飢えていたとは思いませんでしたのことよ(笑)

「イ・サン」を見ていた時ももちろんすごく胸キュンして、心が同人界にいた頃に引き戻された気分で楽しかったのですが、この「トキメキ☆成均館スキャンダル」の胸キュン威力は更に強力で、なんと一気に漫画描き始めた小学4年生の頃に引き戻されてしまいました。
同人時代の心だとパロディ止まりだった創作意欲でしたが、小4の心はとにかく自分でも何かお話が書きたいという純粋な創作意欲になります。
ここまで戻っちゃうと腐女子からは少し外れてしまいますが、ああ、私ってやっぱり胸キュン歴史ものが好きだったんだな〜とつくづく思います。
だって私の原点はベルサイユのばらだもんね(笑)この話も男装の少女が主人公だから、もうドストライクですね(爆)
そしてここ10数年、なかなか書きたい気持ちが盛り上がらなかった理由もわかった気がしました。
要は自分の年令が上がるにつれ、無意識に題材を同年代の問題提起に近づけようとしてテンションが上がらなかったのだと思います。
そんなもの無視して、青春まっただ中の胸キュンに浸ったらいいじゃないか。昔好きだったものはいつまでも大好きなんだから、照れずに向きあえばいいじゃないかと、今更ながらに気づきました。
そういった意味で、このドラマがなぜアラフォー女子に人気があるのか納得できる気がします。
今このドラマを見ようと思うと、レンタルかネットでしか見れないとは思いますが、
機会があればぜひおすすめしたいドラマです。
あ、もちろん魅力的な男子がたくさん出てきますので、腐女子的にも楽しいですよ♪
ちなみに私の一番好きなキャラはコロ先輩♪
原作も面白いのでお勧めです♪

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。