スポンサーサイト 

--, --. -- (--) --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昭和歌謡のカリスマ、逝く。 

2007, 08. 02 (Thu) 17:08

作詞家の阿久悠さんが、2日早朝に亡くなられました。
本当に本当に大大大好きな作詞家さんでした。
ワタクシ、ミドル昭和生まれですので、
阿久悠さんの作詞された唄で育ったと言っても過言ではありません。
今朝、追悼特集の中で代表作が流れていましたが、
ほぼ全曲歌えます。ええ、歌詞カード無しで。

彼の歌詞ワールドは、まるで宇宙のように広くて深い世界でした。
ある時は可憐な少女の告白だったり、
またあるときはダンディな色男の強がりだったり、
魔性だったり尽くすタイプだったり、
傷心旅行だったり恋する男の大捜索だったり、
宇宙の彼方へ旅立ったり、宇宙人に恋したり、
そうかとおもえば学園生活だったり…
彼の作品は、年齢、性別、国籍、時空を軽々と飛び越え、
約3分間のショートムービーのように多彩な世界を描き出していました。
これほどまでに豊かな世界の持ち主を私は知りません。
本当に惜しい人物を亡くしました。
謹んでご冥福をお祈り申し上げます。

…この機会に、阿久悠さんトリビュートアルバムとか出ないかなあ…
即買い決定かも(;^^)ヘ..

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。