スポンサーサイト 

--, --. -- (--) --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

朧の森に棲む鬼 

2007, 02. 09 (Fri) 18:30

…というお芝居を観てきました。
もう17年くらいずっとファンを続けている、劇団☆新感線の本公演です。
イヤ~良かった。久しぶりに良かった。見に行った甲斐がありました(^^)v

前回の「吉原御免状」の時は、あまりに陰惨な内容で、
しかもほとんど笑いも救いもなくて、
見終わったあと、イヤ~な疲労が残っちゃったんですよ(涙)
でも今回は大丈夫。中島さんの作品だから、確かにざくざく殺戮なんですが、
主人公の悪役ッぷりに迷いがないので、非常にあっけらかんとしていました。
新感線の舞台は、やっぱりどこか突き抜けた明るさがないとね(*^_^*)

このお芝居は、直接的な表現はなかったですが、
「スサノオ・サーガ」の系統のようです。
役者さんも、金のかか…もとい、
アイドルや気の張るビッグネームがあまりいなかったせいか、
観客も役者もなんかリラックスしてて良かったです。


しかし今回の収穫は、なんと言ってもこれ!
真木よう子さんの美しさにつきますね!
ワタクシ、この芝居で初めてこの女優さんを知ったのですが、
とにかくキレイでキレイで!存在感も抜群でしたし、
まだお若いのに、芝居もすごく良かったです。
久々にワタクシの絵心がビシバシ刺激されました(*^^*ゞ
そんなわけで、チャチャッと描いてみましたのことよ(笑)
shuten.jpg


あと個人的に、イチノオオキミ役の田山涼成さんがすごくラブリーで、
前から好きだったけど更に好きになってしまいました(#^_^#)
ネタバレになるといけないのであまり書けませんが、
最期のシーンはちょっと泣けました(涙)
それにしてもこの人、死ぬ役ばっかし(笑)

大阪では2月の末頃まで、なんばの大阪松竹座で公演中です。
チケットは激しく取りづらいと思うけど、
機会がありましたら一度ご覧下さい(^^)


- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。